サポーター制度

画像の説明''

「摘み取りサポーター」とは、小美玉市内のブルーベリー農家の「摘み取り作業」を通し、「農」と「食」を学び、交流する場です。農家を応援したい方々のご応募をお待ちしております♫


サポーター制度・・「アイの玉」を支える仲間たち

「アイの玉」の高品質果実生産は,生産農家だけでなく,地域のボランティアである「サポーター」のみなさんによっても支えられています。

平成26年から開始された「小美玉市ブルーベリーサポーター制度」。
県内外から集まったボランティアのみなさんが,摘み取り作業やせん定作業をサポートしてくれています。
20代から70代と,幅広い年代の方にご参加いただいています。
住んでいるところも,年齢も,性別も違う仲間たちですが,みんなで和やかに活動しています。

あなたも摘み取りサポーターになりませんか

小美玉市内のブルーベリー畑で,農家と交流しながら,ブルーベリーの摘み取り作業を手伝っていただきます。(天候にもよりますが,活動期間は基本的に7月~8月となります)

(1)交通費を含め,手当等の支給はありませんが,摘み取っていただいたブルーベリーの重量の10%を持ち帰ることができます。
(2)活動時間は原則として午前6時から午前11時の間で,2時間~4時間程度作業を行います。
  日にちや時間は,農家と相談しながら決定します。
(3)昼食はサポーターさん自身でご用意ください。
(4)農家負担で「ボランティア保険」に加入します。

(応募要件)
 ・ボランティアや農業に興味がある,18歳以上の健康な方。
 ・現地(ブルーベリー畑)まで,自力で行くことができる方。
 ・6月~8月の活動期間中に,3回以上摘み取り作業に参加できる方。

 ※受け入れ担当機関  6月 茨城県県央農林事務所普及センター
            7月ー8月 小美玉市農政課

(募集期間)
 ・2019年6月12日(水)~7月12日(金)

↑上記のフォームにご記入ください。

後ほど事務局からご連絡いたします。