合同剪定講習会

画像の説明画像の説明
 12月3日にブルーベリー栽培農家と剪定サポーターの合同研修会を開催。当日は茨城県農業普及センターの専門官が来援して、基本的な剪定の方法と高度な剪定方法の2種類を伝授。剪定サポーターは初めての人もおり、恐る恐る講師に教わりながら剪定作業。一方、農家は品種ごとの剪定をどうするか。大粒の実を成らせる方法などそれぞれに勉強になった。
サポーターは4日から各農家に入りそれぞれの圃場での作業が始まる。

コメント


認証コード3560

コメントは管理者の承認後に表示されます。